販売用のビデオダビング・コピーガード・DVDコピー・CDコピーなど、メディアコピーはお任せ!

  • いいね!
  • ツイートする
株式会社テックスお問い合わせ・お見積はこちらから TEL/042-548-0622

ホーム > ご利用上の注意 > ダビング・方式変換サービスについて

ご利用上の注意

ダビング・方式変換サービスについて <ご注意と免責事項>

  • プリントに関しまして、万一間違いの生じた場合は、直ちに御下命通りの再プリントをもってかえさせて頂き、その余の責は、ご容赦願います。
  • スタート部分は、映像が欠ける可能性がありますので、黒身を20秒~60秒は、入れて下さい。
  • 業務機使用の為、管理コード表示がスタート部分に入っていることがあります。業務用モニターで上部に表示されますが、民生用のテレビなどではあまり表示されません。(数秒で消えます。)表示後、黒味・青・白などから本編がスタートします。
  • 映像・音声の調整は、ご指示がない場合は、致しません。(ご指示をいただいた場合は、微調整の範囲で対応致します)
  • VHS等のアナログ信号のダビングは、高価な機材を使用してもコピーを重ねるごとに多少劣化致します。特に3倍速で録画されているものに関しては、劣化により画ミダレやノイズが発生する場合がございます。
  • マスターテープの画像は、テープに表記されている時間内でお願いします。予備時間テープの最後まで映像が記録されている場合、映像が切れてしまう場合がございますのでご注意ください。
  • 方式変換サービスは、ビデオの方式を変換する作業です。複製ではありませんので、著作権等の問題があるコンテンツについての複数変換は、許可が必要になりますのでご注意ください。
  • 方式を変換する事によって、映像が多少劣化致します。(もと素材の状態によって左右します)
  • 各方式によって出力分数が移動いたします。(例えば120分の録画時間でも別の方式に変えて記録すると120分を超えます)
  • 1本のテープ(最大180分)に映像が入りきらない場合は、テープを2本に分けてダビング致します。
    ご指定がない場合は、分けた部分付近を一部重複して2本目を記録いたします。
ご利用上の注意TOPへ